安眠と快眠の対策室TOP > 睡眠と快眠の秘訣とは? > 安眠と色の関係について

安眠は色の影響を受ける

 

安眠は色によって、影響されることがあります。

もちろん電気を消して目を閉じてしまえば、色なんて安眠に関係ないようにも思えます。しかし、そうではありません。

一般的に青色などの寒色系は、気分を鎮静化させます。
リラックスの副交感神経が優位になり、脈拍も遅くなり、瞳孔も小さくなります。いっぽう赤色などの暖色系は、気分を高揚させ、脈拍を速くします。緊張を司る交感神経が活発になり、瞳孔も開きます。

寝る前には必ず寝室に入るわけで、そのときにどちらの色を見るかということは、安眠と快眠に影響を与えるのです。寝る前に、青色系のカーテンや布団、枕、安眠グッズが目に入れば、しぜんと副交感神経が優位になってきます。青色が安眠を約束するのです。寝室と言うものは青、というイメージが頭のなかに出来上がれば、寝室に対するよい条件付けがされます。

反対に寝室のカーテンが赤だったり、抱き枕が真っ赤だったりすると、交感神経が優位になってしまうので、落ち着かなくなります。この状態で眠りに入ると、赤色が安眠を阻害し、眠りが浅くなる可能性があります。それは深いノンレム睡眠が少なくなるということ。そうなると、成長ホルモンの分泌に影響が出てくることも予想されます。成長ホルモンは、免疫力を上げて病気を治したり、お肌を再生したり、脂肪を燃焼する大事な働きがあります。

インターネットショッピングを見ていると、安眠枕はそうではないかもしれませんが、抱き枕で真っ赤なタイプがあります。そういったものを選んでしまうと、前述したような反応が起きて、安眠が色によって悪影響を受けます。眠りが浅くなる可能性があるので、注意しましょう。

安眠と色の関係でいえば木目調やベージュも、気持ちを落ち着かせる部類に入ります。ですから安眠と快眠のためには、家具類は茶系統で、じゅうたんやカーペット、カーテン、寝具、枕は青色系で揃えるとよいでしょう。また緑も青色系に属するので、気持ちを落ち着かせる作用があります

なお冬に温かい気分になりたいからといって、暖色系の寝具を使うと、たしかに体は温まるかもしれません。しかし、それは交感神経が優位になるために、筋肉の緊張を引き起こし、その結果、体温が上がるため。赤色系は不眠に影響するということを忘れないようにしましょう。

安眠・快眠を実現する秘訣はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら