安眠と快眠の対策室

 

安眠と快眠の対策室へようこそ!

当サイトでは、いろいろな安眠法、快眠法をご紹介しています。
ただ当サイトのポリシーとしては、単に安眠方法をご紹介するだけではなく、どうしてそれが熟睡に効果的なのかという、眠りのしくみから解き明かしていきます。

だれしも安眠と快眠を求めるものです。
お母さんの羊水の中にいたときから、人は安らぎを求めているのかもしれません。人は眠ることによって、起きているときにダメージを受けた心と体を癒しているといえます。ストレスがますます過剰になっていく様相さえ見せる現代社会においては、よりいっそう安眠や快眠が求められているといえるでしょう。

安眠と快眠の対策法は、大きくわけてふたつあります。

  • 自分の体内環境を整える
  • 外部環境を整える

まず自分を整える

まず不眠症解消のベースとして、自分自身が眠気を感じ、深い眠りを取れることが大前提です。これには太陽の光を浴びて、体内時計をリセットすることが第一

その上に立って、生活のなかに運動を取り入れると、疲労度がアップするので夜に寝付きやすくなります。食事に何を食べるかも、けっこう快眠に影響を与えます。カフェインやニコチンは目を覚まし、アルコールは不眠の原因になります。それでは、とても安眠・快眠とは程遠いですよね?

外部環境を整える

こうして、自分が眠気を感じるように持っていく努力がまずひとつ。
安眠・快眠のもうひとつの要素として、外部環境があります。これは周りの騒音、温度、湿度、寝具が重要。どんなに眠気があっても、周りに騒音があっては、なかなか寝付けないものです。また熱帯夜にクーラーをしないと、とても眠れる状態にはなりません。寝具においても、敷布団が柔らかすぎたり枕が高すぎたりすると、安眠を妨げる原因となります。

とくに安眠・快眠には、騒音対策が重要です。
いくら眠気があり、快適な温度設定で、理想的な寝具を使っていても、「音」という一点だけで、すべてが台無しになりかねません。アパートやマンションなどの共同住宅に住んでいる場合、この騒音が不眠症を引き起こすこともあるのです。

一戸建て住宅の場合は、そういった悩みは少ないかもしれません。
それでも外の音が気になる場合は、二重サッシにするなどの対策が必要になります。耳栓も活用しましょう。

 

安眠と快眠のポイントは、このように二つにわけて考える必要があります。
両方の条件がそろったときに、はじめて安らかな眠りが実現するといえます。

当サイトが、皆様の「心地より眠り」と「爽快な朝の目覚め」にお役に立てれば幸いです。

安眠・快眠を実現する秘訣はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら